春の幻

f0048583_22124899.jpg


この数日、札幌は春のような陽気だった。
あからさますぎるこの環境の変化を思うと、正直空恐ろしい気もする。
が、それでもやはり、冬を忘れるほどの陽気は嬉しいもの。
路面が出ていたので、今日は久しぶりに自分の車でウトナイまで走った。

この2週間で、ウトナイへ3回赴いたが、樽前山、トキサタマップなど、これまでレンズを向けなかったものに、意図的にレンズを向けはじめている…しかもフィルムではなくデジタルで。
まだあまりまじめにカメラは構えていないのだけれど、ある種の下見をはじめているようなのだ。

「…ようなのだ」ってのも無責任ながら、自分のことなんて、そんなものでもあったりする。
自分の中にある純粋な気配は、あまり強張って自分を見据えていると、見えなくなるもの。

視野を拡げて、もう少し、この自然との距離を詰めてみたい。
これまでのシリーズは、あと2枚。
これはもう何を撮るべきか決めていて、その時が来たら、シャッターを切る。
それだけで、終わる。

いつものことだけれど、ひとつの取り組みが佳境をすぎると、オーバーラップして次の取り組みが始まる。
どうやら次も、場所は他ならぬこのウトナイらしい。
舞台は同じだが、姿勢は変わる。

次はおそらく、はじめての「なにも構えない」取り組みだ。
レンズも、古めかしいマニュアルから、オートフォーカスへと移行する、予定である。
そして単玉を棄て、ズーム3本というスタイルになる気がしている。

要するにはじめて、「普通のカメラマン」に徹する。

自己のパースペクティブに透徹して事象を「見据える」ハッセルではなく、
絵画のように風景を「描く」ジナーでもなく、
テンポよく切り取り、森や原野の変化に即応しながら、戯れる撮影。
危険を察知し、時にはすばやく走り…。

早く取り組んでみたい。…というか、取り組めれば良いのに、と思う。
これまでも、ここからも、見定めたものにまっすぐに向かうことは、僕の唯一の生の歓びであり、生を継続する理由なのだ。

足が止まれば、そこで終わるだろう。
原野を駆ける鹿と同じに、四肢が凍てつき動きが止まれば、それはもう「いまわの際」だ。

・・・

向くべきところは向いている。
この世の中との関わり方は、まだ定まっていないけれど、自分自身の抱えている大きな夢や、近く、あるいは遠くから吹き込んでくる前向きなエネルギーの、落としどころだけは、なんとしても見つけよう。

世界は今、大きく変わりつつある。この流れそのものは、随分前に予見されていたはずだが、ここまで急激なものだとは、誰も思っていなかったのだろう。

しかし、だからこそ今、元来「こちら側」からものを見据えるわたしたちは、焦ってはいけないなと。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2009-01-29 22:31 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧