冬の森に集う人々

夏でさえ見所の少ないこの原野に、零下10度を下回るこの日、10数人の大人が集っていた。

巨木や大滝がある訳ではない。
しかしここには、心豊かに生きて行くために不可欠なものが揃っている。

豊富な伏流水と森。
氷結しても、冬枯れていても、足下や頭上から、それらの力を感じることができる。
そのエネルギーの直中にいることが無上の歓びだからこそ、零下10度の森を臆せず歩くことができる。

あるいは、僕のような未熟者の場合、そうであろうと努めることはできる。
いずれにしても、有難いことに心身は前を向く。

・・・

都市に戻ってからも、その感覚は持続する。
あるいはそれが種となって、身体が身体として目覚めようとしているのを、感じ始める。
寒さの中で酷使したのに痛みはなく、もっと動かしたい、動かすべきだ、という感覚に満ちている。
自分の四肢が、「些末な悲嘆など棄ててしまえ」と、覚悟を促してくれているようだ。

その声に導かれるように、翌日から数年振りに朝の運動を始めた。
僕の新しい心はきっと、荒漠とした原野のどこかでこの身体を待ち受けているだろう。

・・・

昨夜、生温い酔いの中で、本箱の中からルソーのエッセイを手に取りかけた。
途中まで読んで、あまりにもつまらないのでそのままになっていた晩年のルソーの肉声。
冬の原野で読む退屈しのぎの本は、この寂しいエッセイにしよう。

3000円のテントで酷寒の夜を凌げるのか分からないけれど、それも含めて、もう一度自分を計るべき時が来ているようだ。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2009-01-31 15:07 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧