暫しデジタルと離別

ビューカメラ1台とフィールドカメラ1台、それにレンズ4本と備品を収納できるサイズの登山リュックを、石狩の釣り具屋で5000円で購入。安くて大容量、地味なカーキ色で、ナイロンではなく布製なのもいい。
来月から、これらを担いで近隣の山々を歩く。身辺環境からはじまり、北海道を逡巡し、おそらくやがて「北海道よりも北へ」赴くことになる。必然的に長い付き合いになるであろう機材たち。
差し当たり不必要なものは全て売却し、今のシリーズの撮影に必要な機材を充実させた。DSLRも手放し、手元の環境はブローニーと大判のみになり、何だかすっきりした。撮影仕事はしばらくフィルム限定で、映像仕事はレンタル機材でも対応できる。半分仕事・半分作品という微妙な位置づけではあるけれど、数年振りの自主制作の映像「森と水の庭ウトナイ」が完成したばかりでもあり、次の映像(映画)作品はそう焦るものでもないと思っている。

大判フィルムの情報量、そしてネガ(陰画)という「光を闇に、闇を光に反転させて記録する」という物理的なプロセスが、自分の写真にはどうやら欠く事のできない用件のようだ。写真の真実性を考える時、とかくレンズ工学的な部分(どの焦点距離でどのように向き合うかというような、経験論的姿勢)に囚われがちだが、レンズも所詮装置の一部であり、何ミリを選ぶかは写真機との戯れであり、レンズという補助装置ありきでの真実性への拘泥に過ぎない。言い換えれば、何ミリを使おうと(写真の本質的な真実性に関して言えば)同じこと。
写真の真実性を求める上で大切なものは寧ろ、記録する感光材料の物質性の方ではないか…と今は考えている。写真を自己の自然な視野に近づけることと、結果としての写真でモノの発する真実性を得ることは実は符合しないのだが、これを正確に知るためには、これまで通してきた(標準レンズ+ポジフィルムの)やり方もまた、不可欠だった。

今春、専門学校で写真の起源について教える時間があり、そこで「写真以前の世界」についていろいろと調べ、考えた。それは太古の人々がラスコーの壁画を描いた時代まで引き戻して、モノを視る、未来を夢想するということについて考えることだった。伝達(コミュニケーション)の欲望や、未知なる明日への想いが込められた画には、記録と想像が分化される以前の、「見ること」への渇望が凝縮されているような気がした。また、先日は北海道にある洞窟の刻画を目にした。そこには、数千年前のシャーマンが描いたという、翼の生えた人間像が描かれていた…。それらの検証の中で得たものは全てを写真のための言葉に置き換えることはできないが、できないからこそ、写真に影響し得るなにかがあるのではないか。

あるいは、ニエプスが、ダゲールが初めて写真を結像させた瞬間から生まれた、写真のメディアとしての特性について改めて見直すことも必要だった。そして、同時期に進めていた今のシリーズの製作で多くの試作を繰り返していたことが、現実的な意味での撮影の作法を根本的に見直す契機となった。

最新のシリーズの試作の課程では、同じ場所を何度か違う条件と方法で撮影していて、それらの中には別のコンセプトの組み写真になっていたり、単独の写真として仕上げたものもある。10月に予定しているフジフォトサロンの展示等で、それら傍流の作品も提示したいと思っている。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2010-06-29 05:52 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧