歯を3本抜く

午前10時に歯医者で抜歯。
緊張とは裏腹に呆気なく終わったものの、それでも歯医者が苦手で5年ほど虫歯を放置してきた自分にとっては大変な出来事だった。
3本抜いて、うち2本は親知らずだったので、実質失った永久歯は1本。抜いたのは3本なのに、喪失感は1本というのも妙な感じがする。
いずれにしても奥歯を一気に3本も抜いたのだから、三半規管にもなにか影響があるに違いない…と、医学的な根拠もなしに、何となく思っている。

痛み止めも順調に効いていて、午後の仕事はいつもの5倍くらいのペースで進んだ。
天気が安定したので夕方はMR山の撮影。いつものように、夜陰のはじまりの1枚のみ。

そのMR山の麓にある北海道でもっとも大きな神社と、今日初めて向き合った。
出雲の神のもとにこの島を「北海道」と名付け、日本人が所有することを明確に規定した場所。
あまりにも重い意味を担うこの場所は、陳腐な批判の眼差しなど軽々と撥ね除けてしまう。

それは入念に手入れされた空間の佇まいや、彫り込まれた「君が代」の文言の力によるものではなく、夕暮れ時にも途切れることなく参拝に訪れる人々の思いによるものかもしれない。そういう人々の思いを僕は理解できないが、かと言って反感を持つこともない。

北海道に生を受けることと、北海道の外のものを信仰することが微妙な具合で結びついている。信仰の根源を否定すれば己の生の由来も立ち消え、己の生を肯定すれば、信仰に加担することになってしまう。
個人の感情で向き合えるものではないし、かと言って、向き合えないから仕方がないという風に片付けてしまうこともできない問題。
世界中に同じような問題が溢れていて、他ならぬ自分自身もその種の矛盾を、望むと望まざるとに関わらず抱え込んで生まれてきたはずなのだが、あまりにもその認識がない。
「皆さんは、先住民の人々を虐げて北海道を手に入れたご先祖様のお陰で、今こうして生きていられるのです」という教育を受けたことも、もちろんない。
近代の歴史の時間の奥に、もっと多くの盛衰があるのもまた事実。縄文文化の時代にも、オホーツク人の時代にも、ヒト同士の争いは絶えることがなかっただろう。見つめるべきは寄せては返す波のような時間の流れであって、個々の民族同士の問題ではないのかもしれない。

ただ、近代化(西欧への同調)というものを倭人がこの場所に持ち込んだのは事実である。つまり私たちの祖先が、終わりへと向かう時間のスイッチを「ON」に換え、私たち自身もそれを加速させている。
その「加速」の象徴として、幾多の開発による自然環境の破壊や、泊の原子力発電所や、過剰な自衛隊の基地があり、しかもそれらは私たち自身の生活の維持とも密接に結びついている。つまり、何を言おうと、何をやろうと絶対に逃げられない仕組みがある。それはもう完全に個人の意思とは無関係なところにセットアップされており、あるいはひとつの国が自国の国民のために判断できる領域をも越えてしまっている。
時間と「システム」だけが、ただただオートマティックに、終わりへと向かって突き進んでゆく。

当初、この場所で仕上げる写真は1枚のみの予定だった。けれど予定を変えて、少し日数をかけて5枚から7枚ほど仕上げることにした。
神道に限らず一切の信心を今後も持つつもりはないが、この場に感心を持ち、しばし時間をかけて視線を手向けるのは必要なことなのかもしれない。
ここで生まれた者だからそうするのではなく、それだけの重みを持つ場所だから、少なくとも「アイロニーのための一枚」で終わらせるべきではない…という気がしている。


Akiyoshi Kitagawa on the web
http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/
[PR]
by akiyoshi0511 | 2010-07-26 22:37 | monologue

北川陽稔のブログ http://www.akiyoshikitagawa.com/


by akiyoshi0511

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧