大晦日

天気が良いので、散歩がてら近所の神社に暮れの挨拶(僕らはそこを猫神社と呼んでいる)。そのまま市内の大型書店に足を伸ばして、今年最後の本を買う。選んだのは北野圭介「映像論序説」と、ゲルハルト・リヒター「写真論/絵画論」。

店を出ると既に日暮れが近づいている。藻岩山の向こうには残照が輝き、白と柔らかい橙色と水色が混ざり合って美しい。目の前の薄暮の青い視界から、遠くに臨む淡い暖色。まるで氷の惑星に住んでいて、そこから光に満ちた遠い星を眺めているかのようだった。

今年もあっという間の一年間だった。何よりもまず、映像上映や写真の展示がこれまでになく多かった。映像に関しては小規模のイベント等も含めれば、通算20回くらいは上映の機会があった。シアターキノ、苫小牧サンガーデン、そして北大クラークシアターなど、自分にとっては重要な場での上映や講演も何度かあった。写真の方でも通算6回の個展・グループ展の他、多くの人が訪れる場で展示や講演を行わせて頂き、撮影ワークショップの機会も何度か頂いた。
それぞれの場を与えてくださった方々には、心から御礼を申し上げたいと思う。

写真の新作の制作も順調に進み、その作品が東川の写真フェスティバルでギャラリー関係者の目に止まり、来春の東京の初個展が決まった。展示プランはほぼ固まったので、1月後半にはいよいよプリント作業に入る。
年始には東京の映画祭のオープニング映像制作が控えている。この仕事ではこれまでのモーショングラフィックのプロセスを一度全て棄て、全く別のやり方でタイムラインの構成を行っている。手探りで学んできた新しい技術を、はじめて作品と言う形に織り上げる。また、そのプロセスを応用して新作の映像パフォーマンスを3月に予定している。

1月中旬から再び学校の授業が動くので、一日の大部分はその仕事に費やされてゆくだろう。一年の気合いを入れる意味でも、歳が明けたらすぐに一本、新しいプログラムを組もう。


Akiyoshi Kitagawa on the web
http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/index.html

[PR]
by akiyoshi0511 | 2010-12-31 18:43 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧