「五分後の世界」

村上龍はほとんど読まなかった。読まない理由は特にないので時々古本屋で手にすることはあるのだけど、どうしてか買うには至らないことが多かった。辛うじて読んだことがあるのは「フィジーの小人」「音楽の海岸」あたり。それも発売当時、高校生くらいの頃。

最近、ミシェル・ウエルベックというフランスの小説家の本を何冊か読んで、終末論的というか、サイバーパンクの果てにある世界のようなものに久しぶりに傾倒していて(要は、現実逃避の想いが臨界点まで来てるということなんだろうけど)、その流れで、今になって「五分後の世界」とその続編を読んだ。

続編はともかく「五分後〜」の方は予想外にとても引き込まれた。今となっては別段設定が斬新な訳でもないし、文体もあまり好みではないし、登場人物に感情移入できるものでもない。けれど、どうしたことか惹き付けられる。
昔なら逐一、その理由を考えてみたとも思う、でも最近はそんなことを考える気は起きない。
ただ、楽しいなら流し込んでみればいいと言う程度の療養行為としての読書。

「五分後の世界」「ヒュウガ・ウィルス」と数夜で読み切って、今は「半島を出よ」上巻。
あまり小説ばかり読み続けると生活に支障を来すので、少しずつ読んでいる。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2011-09-01 23:30 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧