節目に猫

石狩浜で怪我をした仔猫を拾って、土曜日から自分のスタジオで面倒を見ている。一度助けてしまった命なので、寿命を全うするまで家に置いておくつもり。
猫は右前足に重傷を負ってひどく化膿しており、万が一その傷から壊疽が始まれば長くは生きられないかもしれない。足を切断する手術が非常に高額なのでそこまで手をかけられず、消毒と抗生物質を与え、あとは本人の回復力次第。幸いエイズも白血病もないので、それ以外の危険はない。

もしも土曜日の午後に、編集の合間の休憩で石狩までドライブをしていなければ、この猫には出逢わなかった。路傍の吹きだまりで凍えている猫を見て、連れ帰ろうか悩んで何度か現場を繰り返し訪れるうちに、退くに退けない状況になり、半ば成り行きで連れて帰ることになった。

これまでも人生の節目ごとに、必ず野良猫との関わりがあったので、今回もきっとそういう類いの出会いだろう。いずれにしても、無事足の傷が癒えた場合は、今後10年は生活を共にすることになる。そして、仮に猫の10年後を見ると言うことは、自分もあと10年は生きていると言うことになる。

愛玩動物という言葉があるが、野良猫を保護したり地域猫の世話をする場合、その言葉は当てはまらない。
ごく単純に、自分以外の命を全面的に(あるいは部分的に)引き受けるだけの話で、それ以外の感情はない。
それでも、狭いスタジオの隅に段ボールで設けた猫の居場所からカサカサと音がすると、それだけで心が和むし、元気が湧いてくる。飼っている動物を死なせないために生きる、というどこかの作家の気持ちも、少しだけ理解できる。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2012-01-26 03:04 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧