memo

昨日はずいぶん大切な場面が多かった。可能性のある訪問、振り返り覚悟を新たにする訪問、清々しく終えるための訪問。3つの時間・次元が交差した日。

作家としての生=コンセプトの本質を注ぎ込んだ名付け得ぬ行為と、その周縁にある営為を孕んだ作家業と、自己の表皮である技術や美学を集中的に発揮する仕事を、使い分けることは間違っていないのかもしれない。それらの区別が有益なのではなく、区別することで本質を崩さず深めることが重要。
現実を複写/静止させる表現は政治性と無縁ではいられない。その一方で、美術としての写真史のどこに自分自身を位置づけるのか意思表示が求められ、それを 探求し続けている姿勢を含めた総体が作家としての核となる。常に未完成でありながら、常に自己を言葉として引き出せる状態にしておく必要がある。

生き残るための仕事(つまり、商業的な撮影)も改めて必死にやる。同時に、美術ももっと必死に勉強しなくては。完成形は存在しない。従って「これで終わり」として平穏な日常に戻ることもない。ベンヤミンの言葉を思い出す。馬鹿でも無能でも、学び、考え続けることで少しは救われるかもしれない。

「境界のエリア」と「時間」。作家としての僕が意識しているものはその2つしかない。常に問題とされるのは、その意識の深さと言葉の質や量。観想や勉学に潜り続けることはできないし、実際の経験や体験も糧とするので、やはり簡単に押し広げられるものじゃない。
おそらく次の一歩をクリアするまで5年とか10年はかかる。一歩前進だけでも5年10年。このある種の「間合い」は、結果として縮めることができるにせよ、縮めることを意図してはならない。

思えば写真を始めて7年目になる今年、自分がいるのは始めた段階から一歩前進した地点に過ぎない。それだけでも人生にとって大きなことだけれど。すべてはこれからなんだろう。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2012-04-06 13:02 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧