2012.12.21

一言で言えば「絶望を受け容れること」。ミシェル・ウエルベックの「闘争領域の拡大」はそういう本らしい。

一読すると、高度自由主義社会(人間と人間が極端に相対化された社会)における人間の快楽の追求を、悲哀を込めて描いているように見える。けれどこの小説、そんなに分かりやすいものなんだろうか。仮に、後に同じ作者が著す「素粒子」や「ある島の可能性」の誕生を踏まえて書かれたものだとしたら、まったく違う(あるいはより踏み込んだ)読み方もできるのではないか。
「闘争領域の拡大」の表紙を開くと、まず魅力的な引用文に出逢う。僕はもうその時点でこの長編小説を、一晩か二晩で読み切ってしまいたいという衝動に駆られるのだった。冒頭には、こんな一節が引用されている。

『夜はふけた。日が近づいて来ている。それゆえに私たちは闇の業を脱ぎ捨てようではないか。そして光の武具を身につけようではないか。』
(ローマ人への手紙 第十三章の十二)


闇の業と光の武具。まさに「素粒子」や「ある島~」を予見させるような言葉。まったく作者はどうやって、無数の古典の中からこの魅力的な一節を見出したんだろう。もしかしたらウエルベックはこのデビュー作を書き始めた時点で、続く三作(ちなみに僕はまだ「プラットフォーム」は読んでいない)を既に視野に入れていたのではないか。
残念なことに(僕は既にそれを期待して読んでしまったので)、「闘争領域の拡大」はそういう超越的な世界を描いたものでは全然なくて、飽和した資本主義社会で、ただただ肉体の衰えと叶わぬ欲望に捕われ、自壊してゆく三十路男の悲哀を描いたものだったりする。興味深いのは、主人公よりも少し若い20代後半に設定された(絶望的なほど外見的に醜い)友人が、その悲哀の真っ直中で簡単に死んでいくのに対して、その死を含めた悲哀を、主人公が客観視しながらゆっくりと自壊へと向かうところか。主人公が架空の小説を認めているという設定も相まって、この本は終止、幽体離脱した人物が自分の人生の末路をぼんやりと眺めているような印象を与えてくる。そして、その浮遊感はやはり後の作品の世界感に繋がる。

・・・

ウエルベックの物語に倣えば、消滅が進行しているのは自由でも民主主義でも、まして個人のアイデンティティでもなく、僕たちが日々体験し、悩まされているこの現実そのものなのだ。しかもその消滅というものは加速度的に進行している。クローニングと情報技術、この二つが自律的に進化し始めた時点で、私たちが悲哀や歓喜をこめて体験する「現実」というものは、少しずつバーチャルリアリティに置き換えられているのだ、ということになる。
これで、僕がこの小説家に否応なく惹かれる理由がはっきりする。つまり、ウエルベックの描く未来は、ボードリヤールが悲観的に予見した未来をほぼそのまま寓話化したものだった、ということ。

ボードリヤールとウエルベック、双方の言葉を背景に世界の現状を物語るなら、「今この時代」というタイミングも、情報網の中で個人も国家も失われてゆく過程の、その氷山の一角を垣間みているに過ぎない、ということか。何10万分の1の確率で訪れてしまった未曾有の大災害や大事故が背景としてあるにも関わらず、そこに端を発した選挙結果がかくあるということさえ、既に現実とバーチャルリアリティの境界を見失い、統御された情報の渦の中の多少ファジーな存在(=権力の予測可能な範疇の行動しか取れない存在)でしかなくなった私たち「市民」が、全世界で経験しはじめた、遺伝子レベルの改変を伴う世界の消滅の、端緒に過ぎないのだと…。

仮にウエルベックの寓話をボードリヤールの思想に繋げて、これこそが現実の予兆であると言い切ってしまうならば、どう考えても妄言にしかならない。
けれど、これは本当に単なる寓話と思想の偶然の一致であり、またその一致に魅せられてしまうことは妄想なのか?実はそこのところさえ良くわからなくなるほどに、世の中が混沌としてきたような気がする。既に、私たち自身の現実を見る眼が変わりつつあり、何かに慣らされつつあるのではないかと。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2012-12-21 03:04 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧