2005.7.29


「焼身」を読み終えて、共同幻想論に戻った。丁寧に読みすすめる。しばらくは退屈しない読書が続きそう。

「焼身」はこれまでになく、文学者であり行動する個人である宮内勝典が浮き彫りになる佳作だと思う。「始祖鳥〜」や「金色の虎」は立派な秀作だけれど、彼が彼自身から一歩高いところまで上り詰めて、思想が先鋭化し意識がスパークした状態で書かれており、作品としての完成度は至高のものであるとしても、凡庸な読み手には教義的にすぎて、距離を感じてしまう面もあった。聖も邪も併せ持ち、清濁併せ飲むという気概、常に善悪の彼岸を見据えながら、世界市民に立ち返って模索するという意識の強度。そういうことの崇高さはよくわかる。主人公はいつも若々しく魅力的で、世界に翻弄され全身に擦過傷をまといながら、人間の、人間たる姿を直視する様は本当に美しいと思う。そういう意味で氏の作品は通俗ではなく芸術の領域に踏み込んでもいる。しかし誰もが、何ものにも依ることなくあのような個としての強度を保てる訳ではない。宮内氏の文学や言動はこれまで、(誤解を恐れずに言えば)ある種の選民性を帯びていた。文芸復興(ルネッサンス)というスローガンにも現れているように。現代における天才(錯誤であれ)でなければ、彼の作品に100%のシンクロニシティを見出すことはできないだろう。それくらい峻厳に煮つめた正論で、世界を突いていたということなのだが、その「強度」ゆえに、脆弱な読者を受け手をはじき返すという側面もあった。

しかし「焼身」…老年を迎えつつある宮内氏本人のレポートであるという率直な私性にまず驚く。そして9.11以後の世界という真空状態(歴史的に見ても、こういう時に一気に保守反動が台頭するのは明らか)において、新たな一矢を模索する姿は今までとは少し質が違う。一個人としての限界や、思想と矛盾する弱ささえ愚直なまでに明るみにし、自分のすべてを遡上に上げてやろうという強い居直りと、あらたな覚悟を感じる。たった一人の師を求めて彷徨する様、そのなかで己を正直に回顧し、己の人生を抱きとめようとする優しさ(それは意識的にも無意識的にも、妻への視線に顕著に現れる)が、読むものの心を動かす。

密林で、X氏ことクァン・ドゥック氏を追体験するという「個としての思想的接続」はこの本のハイライトだけれど、多少の強引さを禁じ得ない。その意味でこの作品は思想的には未完に止まっていると思う。信じるに値するあらたな何か、の本質は、まだ見定められないのだろう。しかし寧ろ秀逸なのはその直後にやってくる、朽ちた寺での、ハンセン病の少女との邂逅と、そこでの畏怖と挫折の感覚だと思う。思わず走り去った妻への気遣いに、どうしようもないジレンマと痛みが刺してくる。文学者としての自分が瓦解しかねないような痛烈な自己批判。そこに、読み手としては逆説的にわずかな希望を見出すことができるように思う。

真摯に考えつづけ、そして行動しつづけ、悩みつづける。微かな正論を得てもなお、時には圧倒的な世界を前に一瞬で吹き飛ばされ、時にはソフィスティケートされた制度にはじき返される。しかしそれと覚悟で、暑い炎天下を、危険な密林を思考しながら歩き続けること、それこそがまず意思であり思想なのだと思う。人間が立ち上がって歩行をはじめたときのように、私たちはゆっくりと、「人間自身」について考えることのあらたな次元を切り開いてゆかねばならないのだろう。

「アンダーグラウンド」の村上春樹に爪の垢を煎じて飲ませたいほどの、苛烈な誠実さ。団塊世代を小馬鹿にする「身軽な」少女たちに突きつけてやりたい切実な生々しさだ。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2005-07-29 00:00 | monologue

北川陽稔のブログ http://www.akiyoshikitagawa.com/


by akiyoshi0511

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧