Two Sanctuaries

テスト段階ではあるものの、勇払原野での撮影をはじめました。最終のプリントを考えてネガフィルムを使うべきか否か、まだ悩んでいるし、作品全体の向かう先も、今のところ不鮮明ではありますが。

これまでに何度か書いてきたように、このチトセ・ウトナイ地区の街区や原野は、自分にとって特別な場所なのです。おそらくこの国でもっとも殺風景な場所のひとつですが、ここには自分にとって必要なものが、ひとしきり揃っているように思えます。

それだけのことかもしれませんが、仮にそれだけであったとしても、現在の自分が繰り返し赴くとこが出来、尚かつ信じるに能う被写体(場所)は、ここの他にそれほど多くあるわけではない。ですから、まずはなにかが見えはじめるまで撮影を重ねます。
撮り始める前からコンセプトを持つのではなく、いくつかの手懸りをもとに、撮影を続ける中から明確なものを導き出して行くというやり方は、昨年から続けている都市部の撮影と同じアプローチです。

タルコフスキー映画の風景に酷似した原野。しかしここには「ストーカー」の世界のような未知の希望もなければ、ロシア的な、人間についての問答もありません。人が立ち入ることのない湿地や原生林があり、その原野を取り囲むようにして、閑散とした工業団地や、新興住宅地が広がっています。

しかし突出した要素がないわけでもありません。この地区ではふたつの聖域が隣り合っています。ひとつは野鳥たちの営巣地であり、もうひとつは日本の保有する軍隊の駐屯地です。片や地球のための聖域であり、片や日本国家のための立ち入り禁止区域です。

原野のただ中で出会う白鳥は丁度良い撮影の伴侶です。一方の、耳を劈くF15の轟音も、あるいは「必要不可欠なもの」のひとつと言えるのかもしれません。ただのユートピア的風景ではなく、ただならぬ状況におかれた瀬戸際の風景として、この場所はあります。
そして、今はその是非を問うのではなく、ただこの状況に繰り返し身を置いてみたいと考えています。

8月、仕事の合間を縫って集中的に撮影を行うことになるでしょう。

・・・

今週末は再び東京滞在となります。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2008-07-17 08:24 | dialogue

北川陽稔のブログ http://www.akiyoshikitagawa.com/


by akiyoshi0511

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧