道東再訪

5年振りに道東地区を回った。
オンネトー、屈斜路湖、釧路湿原、そして野付半島。

野付とその周辺地域は2度目の訪問だけれど、まだ撮影のためになにかを定められるほどの決定打はない。とても好きな場所なのだが、やはり夏のうちに先端まで漕ぎ出して野宿でもしなければ、あの地域の本質に触れることは叶わない気がする。

かつてそこに集落が在り、その痕跡を宿した半島そのものが、いま、自然のサイクルのもとに徐々に風雨で消え去りつつある。オホーツクを挟んで対岸にあるのはクナシリで、そこは日本人とロシア人が先住民族から居住の権利を剥奪した上、いまだに領有権争いを続けているという虚しい事実が有る。

野付は結局、矮小な争いの前線として妙な役割を負わされていて、そのことが風景と相まって物悲しく響いてくる…。いろいろと整理して行けば、撮影地点や、枚数や、アプローチが少しずつ見えてくる気がする。おそらくこの地域には感傷的にではなく、測量的に関わるべきなのだ。

いや、むしろその逆なのか…。

野付まで急いでいた区間に何度か見かけた美しい流れは、来年の秋には必ず撮影するだろう。あれらはたぶん夏ではなくて秋だ。

ところで今回、帰途に立ち寄った釧路湿原上流域の景観は素晴らしかった。ウトナイと同質の、より広大な眺め。ここではさすがに自衛隊機も目に入らない。湿地を俯瞰したあの眺めは今後きっと、人生の折り返し地点を過ぎた自分の心の原風景として繰り返し夢に出てくることだろう。この光景を夢に呼び出すためにも、正常な夢をなかなか見ることが出来ない生活から早く抜け出したいものだ、と思うのだった。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2008-10-16 02:53 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧