<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

memo_8

一体あと何千カット並べれば、わたしは己の必要としているただひとつの意味あいを著すことができるのだろうか。作者の恣意によって安易に組成された表現ではなく、ただここに並べられたイメージの全体像において意味あいが生まれうる、現前としての写真の集成。

過去と現在、現在と未来、人工物と自然物、男と女、昼と夜、感性と英知、フィロソフィーとイデオロギー。対立概念のグレイゾーンに横たわる一抹の真実を炙り出すために、カメラという複写装置を手に方々を巡る。予断を排し、眼前をよぎる幾多の、あり体の視覚のドラマツルギーには合焦することもなく手を振り別れを告げる。そして、予期せぬ一回性、あるいは精査されかつ理解を越えた事物だけに機会を限定し、たしかに積み重ねてゆく。

7日間彷徨って1ショットも撮れないこともある。あるいは1日、たったひとつの場所で数カットが残されることもある。ひとつひとつのイマージュを採り重ねる毎、言い換えれば、十全な態度で数度のシャッターを切るたびに、また精査の後に1カットをブックに収めるたびに、わたしは己の体がすこしずつ、政治の圧力や、自我の重力から解き放たれてゆくのを感じてもいる。

勝手にしやがれ、と言い放つためには、それなりのプロセスと、痛感や責任意識が問われるべきなのだ。底なし沼のような煩悶の先にしか、真に純粋な表現の営為はないと思っている。写真に関わらず、それだけが依然わたしの生の拠り所である。その道理において、幸か不幸かわたしは、自分の依拠しているものを言葉だけでは過不足なく説明することはできない。その満たされぬ事実がまた、写真という行為を継続する理由ともなっているように思う。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2006-09-23 01:00

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧