<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Unknown Northern City

ある日、ある岬へー
15年ぶりに釣り道具を背負い父の背を追ったが、崖を上り下りする時に先に息を上げたのは、父の方だった。

別の側面、毎日がロケハンのような日々でもある。
東京はうだる暑さだろう。此処の清浄な空気は鋭気を養うに充分すぎるだけでなく、この土地自体がある種の発見でもある。

此処はわたしの故郷などではない。ほとんど未知の、ゆるやかな罪の上に立つ、未だ匿名の都市。封建的ななにかは此処まで届かず、差し当たりの態度に否定も肯定も必要ない。言うなれば、道々のアスファルトさえも薄いのだ。故に、己自身の思想や感性の輪郭もかえって明確になる。

浅薄な近代の上に、倭人と先住民族のどちらにも呼応できない人間が視線をたむけながら、ただ立っている。此処では常に、己自身の在り方が個的に、率直に問われる。

夜眠れば、川崎の夜光の光景がひときわくっきりと眼窩の闇に浮かぶ。
あらたな制約があるものの、やっと、本当の意味で彼等にレンズを向けられるではないかという期待も感じる。ジョナス・メカスが言ってのけたように「時間の結び目を解きほぐした」というほどのものではないにせよ、ある種の段差の意味あいをこれまでよりも明確に分析可能にはなるだろう。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2007-07-28 17:41 | monologue

2005年の日記

当時の稚拙な文章の細部を気付いた時に修正しながら、
この作業にともなう懐古がこれからの自分にとって大きな意味を持つことに気付く。

万事快調。

北海道に戻った自分が繰り返し観るものは、
「惑星ソラリス」ではなくそういうものなのだった。
少なくともそうであるべきだと。

・・・

10代の頃、毎日のように夕暮れ時に散歩していた公園を、
20代の終わりに差し掛かった今、毎朝散歩する。

それなりに整理された思考と、
ふたたび沸騰する思考。
どちらもどうやら、生きている。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2007-07-08 09:38 | monologue

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧