2005.11.7

 先週の木曜あたりから殆ど寝ずに稼働していたような気がする。木曜深夜〜金曜までは所属会社の仕事でかなり慌ただしく動きまわり、21時頃に事務所を出てそのまま八王子へ移動、3DCGの担当者と打ち合わせをして、朝方相模湖の部屋で仮眠。土曜午前に小金井まで戻り、CG仕事の仕込みとスチール仕事のロケ準備。発電機の手配で友人のレンジローバーを駆り出し、多摩センターへ。晩秋の多摩ニュータウンはいつも以上に、郷愁を絵に描いたような情景。

 深夜0時、モデルさん、スタイリストさんとヘアメイクさん、それに3名の協力スタッフ等を伴って軽井沢まで出発した。朝、現地に着き、天候が崩れるのを懸念しつつ撮影開始。寒さと長時間移動等、スタッフ諸氏にかなり苦労を強いてしまったが、この時期のこの場所にしかない空気感や、色感を捉えられたとは思う。
 昼過ぎには予報通り雨が降り出したので、相模湖まで再び大移動して室内で追加の撮影を行った。21時頃に全ての撮影を終えて、スタッフ諸氏を都内まで送り、調布に戻った。それから諸処の後処理をして、小金井へ帰宅したのは午前4時過ぎだった。プレビューファイルのチェックをしてどれを現像&レタッチに掛けるか考えていて、そのまま眠ってしまう。
 数日の強行軍で再発した腰の激痛に気付いたのは、朝目が覚めてから。取りあえず注射で痛みを誤摩化しつつ、また動き始める。今週末はCG仕事の仕上げを行う予定。仕事的にはここが年内の山場(たぶん…)だけに、何とか乗り越えたい。 

 その後は来年の準備。やっと、映画の再開を視野に入れた動きに入ることができる。作業場に常駐&適宜アシストするスタッフができることで、幾らからはスムーズに作業を進められるだろう。完成の目処は立たないが、取り組みの再開の目処が立つだけでも精神的には大きい。
 ヴェンダースも、ゴダールも、世紀序盤の混乱を作品として形にした。公開が重なったのはおそらく、すぐに行動を開始した両者でさえ、ここまでのタイムラグは避けられなかったということだろう。しかし二人の唯一無二の監督はそれぞれのやり方で、訴求力の是非こそあるものの姿勢を明らかにし、実際に行動出来たわけだ。
 自分はこの数年、たったひとつの作品への取り組みを通して『その瞬間』への言及を標榜し、形にすべく努力し続けていた。反戦ブームや選挙報道を横目に直接参加を避け、歴史や映画について手探りで学びながら、長篇映画作品にその検証の成果を賭けていた。前にも書いたが、もしも今年の撮影が成功していればこの取り組みは必要な時勢ぎりぎりのところに間に合ったかもしれないが、今から再始動するとなると、取り組み自体の焦点を変えねばならないのは必至。ただしそれはあくまで世界とのバランスの問題であり、時勢の問題であり、いわば微調整であって基幹理念は変わらないだろう。

 …ともかくここからは、角度を変えて(戻して)の再始動。今が最後の起点となることは間違いない。これ以上の撤退はあり得なかったし、これ以後の再始動もまたあり得ないだろう。
[PR]
by akiyoshi0511 | 2005-11-07 20:38

映像作家・写真家 北川陽稔 http://www.akiyoshikitagawa.com/


by Akiyoshi Kitagawa

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
dialogue
monologue
old text
information
sketch book

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シンプルライフ
クリエイター

画像一覧