人気ブログランキング |

「尾道」と「七つの山」

「写真小誌」はもう何度読み返しているだろう。初めて読んだのは随分前だと思うが、折あるごとに読み返している。この本は、読み返す毎に新しい発見が得られる(発見というのは、読む毎にそこから何かを想起する…という意味で)。
最近、港千尋氏の「第三の目」を読んだことも手伝って、何度目かの通読をした。

レンガー・パッチュの「世界は美しい」というあまりにも力強い命題と(これはほとんど全体主義のスローガンにさえ聴こえる)、世界の意味を捩じ曲げる写真。あるいは匿名のアマチュアによる、絵画を模倣する「趣味の」写真。
それらは結局、現在まで写真の主軸であり続けている。また現在でも、所謂「プロの写真」のほとんどが、その範疇に含まれることも何ら変わっていない。これは、マルクスが予見した世界の変革が、結局のところ今だ訪れてはいないか、あるいは人類が既に、その変革の機を逸してしまったことの証左とも言えるかもしれない。
ボードリヤールが云い遺したように、弁証法的世界(あるいは弁証法的思考が通用する世界)は、既にテクノロジーの肥大化によるシステムの自動性に取り込まれてしまった。最後の最後にボードリヤールは別の概念を対置してこの世界を去ったが、未消化のまま提示されたと思わざるを得ない。

いずれにしても、それらの「絵はがき写真」にベンヤミンが対置した、アジェ、ブロースフェルト、ザンダーらの写真、そして、認識のための新たな言語としての写真を切り開くモホイ・ナジの果敢な実践や言葉は、この「写真小史」が発表された時代に留まらず、現在でも、今後においても永遠にアクチュアルなものだろう。
「写真小誌」の図録に飽き足らなくなり、手元にある、ザンダーの写真集(数年前に東京の企画展で買ったもの)をあらためて手に取って開く。すると、ザンダーの晩年の作品「七つの山」のシリーズの中に、ヴィム・ヴェンダースが尾道で写した写真と酷似する1ショットがあることに気づく。

なぜ、ここでヴェンダースなのだろうかと、少し考える。

ヴェンダースは東京のモードをテーマにしたドキュメンタリー「都市とモードのビデオノート」の作中において、山本耀司との対談でザンダーの写真集を引き合いに出していた。そこで言及されるのは(映画の主題に沿って)人々の顔貌や装いだったが、同時に、ザンダーが引用されることで、ヴェンダースと山本耀司がなぜ共鳴するのかを暗に裏付けてもいる。映画の中で、ザンダーが媒介となってヴェンダースと山本耀司は共に「時代と人間」を扱う作家として、地続きとなっている。

そして、ヴェンダースという監督は周知の通り、映画においてのみならず、ビデオドキュメンタリーにおいても、「(カメラで)見ることとは何か?」を追求する作家だ。「ベルリン天使の詩」や「夢の果てまでも」などの主要な劇映画においては、ストーリーテリングやキャメラ・ワークのなかでそれを主題とし、「東京画」「都市とモードのビデオノート」などのドキュメンタリーにおいては、自己言及的なモノローグを装置に、あるいはカメラそのものの「視点=人称」を考察し、映画フィルムのマチエールが内包する聖性を拠り所に「電子の視線」の是非を問うた。
また近年の傑作「ランド・オブ・プレンティ」は、その「電子の視線」の即応性が、時代のリアリティと見事に結びついた作品でもあった。
(ちなみに…ヴェンダースも度々言及してきた「デジタルかアナログか」という問いには永遠に答えが出ないだろう。代わりに、デジタルであれアナログであれ、それが本質的にアクチュアルかどうか?という問いを置くならば、ヴェンダースは常にそれに応えてきたと言える。また、前述の港氏の本でも、デジタルの是非についてそのようなアプローチがなされていたように思う。その本についてもまたいずれ書きたい)

そのヴェンダースが、尾道を8x10のフィルムで、静止画で記録(あるいは記憶)するとき、ザンダーの「七つの山」の視線が脳裏を過っていたとしても、何ら不思議はないように思う。あるいはヴェンダースはそれを承知の上でより積極的に、山上からの尾道の眺めにザンダーの取り組みを二重写しにしたのかもしれない。

儚いということは脆いということを意味しない。
儚くも失われてゆくことは、それが永遠即ち、記憶の領域に移行してゆくということだ。

ザンダーが記録した人や風景が(今でも新鮮であることが)その証左であり、それを辿るヴェンダースの眼差しも、同じ地平を見据えているのではないだろうか。



Akiyoshi Kitagawa on the web
http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/

by akiyoshi0511 | 2010-08-24 14:59 | dialogue

連休は洞爺湖にキャンプを張り、1977年の有珠山噴火の痕跡を辿っていた。
夜のシリーズの「#3」の撮影が目的だが、まだまだ入り口しか見る(撮る)ことができておらず、年内にあと数回は通う予定。シリーズの1から3をこの晩秋までに揃えたい。

お盆明けの昨日は植苗小中学校の教職員の方々を前に「森と水の庭ウトナイ」の上映を行い、短時間だが談話もさせていただいた。
来週は同校の小中学生を対象に上映会を催していただくことになっており、その打合せを兼ねた試写。本番の人数は100名以上になるかもしれない。
子どもたちにこの取り組みの本質を伝える、簡潔で力強い言葉を考えなくては。

帰途、恵庭の造形作家T氏のアトリエに寄って夕食をご馳走になり(これが毎度、本当に美味で、身体の奥底から活力が湧くような食事)、そこに下宿する北大の院生と10月の上映会の打合せ。
こちらは知る人ぞ知る作品「地球交響曲」との同時上映で、一般の人々も入場可能な数百名規模の上映会になるそうだ。それほど多くの方に一時に観てもらう機会はなかなかないと思うので、覚悟をあらたにする。
同会場で写真の展示も行うことになった。

打合せを終えて23時、恵庭の夜空を見上げると怖いほど濃密な星空が広がっていた。


Akiyoshi Kitagawa on the web
http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/

by akiyoshi0511 | 2010-08-18 21:31 | monologue

Green TV Japan にて映像配信

「森と水の庭ウトナイ・配信版」が公開されています。

第一部 春篇
http://www.japangreen.tv/journal/#/000804
第二部 夏篇
http://www.japangreen.tv/journal/#/000805
第三部 冬篇
http://www.japangreen.tv/journal/#/000806

この作品は昨年、ウトナイに撮影拠点を構えて、半年ほど断続的に撮影を行いながら制作したものです。湿原の周辺の自然環境や、その自然を軸に生きる人々の営みを描いています。
本来は40分の中編作品ですが、今回のリリースは配信版という位置づけで25分弱の短縮版になっています。

本作品の中でも描かれている「イコロの森」のガーデン撮影の仕事を生業としながら、地域との関わりのもとに作り上げた本作。オーソドックスな構成ですが、作り手として端的に言えば、「一度はやってみたかった」というタイプの映像です。
誰にでもできるようで、自分(たち)にしかできなかった「仕事」だと思います。

主観的なことで言えば、この取り組みの中で「森の心性」と触れる契機を得ることができたと感じており、それはここから直線的に掘り下げるというよりは、頭の片隅で今後も意識し続けることなのかもしれない、と感じています。
生活の場としての森、人々の心のための森、そして、ただそこにある森。
それらの3つの次元と、多面的に触れ合ったプロジェクトでした。
by akiyoshi0511 | 2010-08-06 21:47 | dialogue

「Unknown Northern City」展


 【会期】8月4日(水)〜12日(木)
 【タイトル】『Unknown Northern City』(2008年)
 【場所】:品品法邑(http://houmura.com/
  ※本シリーズ初展示となります

f0048583_239299.jpg


 シリーズ全18枚。
 今回の展示はウェブ上のポートフォリオで公開しているものとは少し構成が異なり、札幌市内の景観を中心にセレクトしています。
 そのため新たに未公開カットが加わり、外れたカットもあります。
 プリントサイズは半切と小さめですが、この構成は今回きりという可能性もありますので、ぜひ御覧ください。

 8日(日)の午後は在廊の予定です。



Akiyoshi Kitagawa on the web
http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/

by akiyoshi0511 | 2010-08-03 21:21 | dialogue