人気ブログランキング |

今週金曜はフジフォトサロンの写真展に関連して講演を行わせていただきます(前回の記事をご参照ください)。
その次は、10月16日(土)に下記のフォーラムで「森と水のウトナイ」の上映があります。

このイベントも以前から本番を心待ちにしていました。
フォーラムへの参加はもちろん、個人的には以前から行ってみたかった苫小牧市サンガーデンも楽しみです。
以下、案内メールより転載します。

・・・

10月16日に、NPO苫東環境コモンズ等が主催する2回目の
環境フォーラムを苫小牧で開催します。

場所は、苫小牧市サンガーデン、時刻は13時30分、概要は以下のとおりです。
以下は講演等内容です。


①基調報告『苫東環境コモンズの系譜』
環境コモンズ研究会座長・釧路公立大学長 小磯 修二 氏

②講演 1『霧多布湿原トラストのファンはどうして生まれたのか』
NPO法人 霧多布湿原トラスト 理事長 三膳 時子 氏

③講演 2『地域力と環境保全をどうつなぐのか』
NPO法人 ねおす 専務理事 宮本 英樹 氏

④特別プログラム『森と水の庭・ウトナイ』上映とスピーチ
映像クリエイター 北川 陽稔 氏

詳細は http://seinen-kishukusha.com/221026forum2panflet.pdf

・・・
by akiyoshi0511 | 2010-09-30 01:18 | dialogue

品品での2ヶ月連続個展、および東川でのグループ展は無事終了しました。品品は本当に多くの方にお越し頂き、たくさんのご感想をいただき有り難く思っています。どうもありがとうございました。

そして来月はフジフォトサロン札幌でのグループ展。こちらは既にプリントチェックを終え、あとは開催を待つのみ。
初日(10月1日)には夜の部のアーティストトークで15分ほど、自己の写真について(=北海道で写真を撮ることについて)、お話をさせていただく予定です。
写真展詳細は下記にあります。北海道在住の著名な写真家の方々が多く参加する写真展。また、このようなアプローチの企画展はこれまでにはなかったように思います。ぜひ御覧ください。
http://northfinder.jp/events/hokkaido.html

f0048583_1411876.jpg


北海道の写真=絵はがき的ネイチャー写真の時代から、何かが変わりつつあるのかもしれません。それはデジタルカメラの普及により、所謂プロフェッショナルの写真とハイアマチュアの写真の境界が一層曖昧になってきたことも起因しているのでしょう。
それはとても望ましいことだと個人的には思います。一般に自然が豊かと言われる北海道で、その地域性に閉じこもるのではなく、地域の環境を深く掘り下げた普遍的な写真というものを、僕自身も追求してゆきたいと思っているからです。

また、これも次の予告になりますが、10月31日には北大クラーク会館で「森と水の庭ウトナイ」の上映が予定されています。その日には館内別部屋にて、写真の展示(「Two Sanctuaries」)も行う予定です。ギャラリー空間ではないですが、品品の展示を御覧いただけなかった方はぜひお越し下さい。同地域を題材にした映画と写真を併せて御覧頂くことで、ひとりの映像/写真の制作者が、北海道のローカルな環境にどのように向き合ってきたか、多面的に見ていただける機会になると思います。

詳細は下記を御覧ください。
http://www.clarktheater.jp/work_gaia.htm


Akiyoshi Kitagawa on the web
http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/

by akiyoshi0511 | 2010-09-13 14:07 | dialogue

『Two Sanctuaries』展

【会期】 9月2日(木)〜12日(日)
 AM10:00〜PM6:00 ♦最終日はPM4:00頃まで
 休館日:9月7日(火)
【タイトル】 『Two Sanctuaries』(2008年)
【場所】 品品法邑2F (http://houmura.com/
札幌市東区本町1条2丁目1-10 TEL 011-788-1147
※札幌では初展示となります

f0048583_21473190.jpg



Akiyoshi Kitagawa on the web
http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/
by akiyoshi0511 | 2010-09-01 21:47 | dialogue