人気ブログランキング |

2017年の終わりに

大樹町滞在中に知人から教えてもらった、Beckの "Morning Phase" を札幌に戻ってからもほとんど毎朝聴いている。
二十歳になるかならないかの頃に毎日のように聴いていたBackから、軽くタイムスリップするかのように20年振りのBeck、音楽はほとんど別物だけれど、そこには明らかに自分が辿ったのと同種の時間のヴァイブレーションの変遷を感じる。つまり、年齢を重ねながら世界の趨勢を見つめてきた帰結として、このナチュラルな音に至っているという勝手な思い入れに答えてくれるものなのだ。いちリスナーとしての感想。

30日の夜、森岡書店の店主が書いた「荒野の古本屋」がおもしろくて一晩で読んで、ある時代の懐かしさにも触発されて、少しずつ自分自身の言葉を奪還して‥いや、取り戻していこうと心を決める。全てが地続きではなくとも、何か一本の線でつながっている、という閃きは大切だと思う。
この国の航路は確定し、オリンピックという「聖戦」も近づき、自分はそんなものごととは無関係に、そろそろ退っ引きならない40歳を迎える。SNSの時代には付いて行くのが精一杯で個人の発言の重さを測りかねており、もはやブログで国策批判すらできないけれど、実際のところ、その種の批判を含めた包括的な正義や悪にはもうほとんど興味がない。政治に関心がないわけではないし投票もするけれど、それは一人の社会人としての良識の範疇での意思表示だと割り切っている。
今年亡くなった塩見孝也氏が最後まで貫いたものに、僕はもう関心すらないのだ。故人への個人的なリスペクトと、その思想への距離は別のレイヤーにある。人は変化しながら戦うべきで、凝固した意思を繰り返し社会にぶつけることでは活路が見出せないのではないか。己の中のか細い一本の糸を信じながら、囁くこと、囀ること、風のように振る舞うこと…。僕はそういう均衡を大事にしながら人生の後半を迎えたいと思っている。

一昨日、2017年の最後の撮影で、洞爺のガラス作家さんの仕事を撮らせていただいた。10年前、北海道に来たばかりの頃に作品を知ったその人とは、5年前にある仕事で間接的な関わりが生じて、10年目の今年になって初めて直接仕事をしている姿を撮ることができた。10年前の僕の目には、北海道というフィールドも、その人の仕事も憧れの彼岸に見えたものだった。
次に接点が生じるのは何年先だろう。あるいはもうないのかもしれないが、その人の仕事を撮るという本質的な対峙のところまで経験できて、今年は、最後の最後に風通しの良い場所に立たせてもらった気がする。

by akiyoshi0511 | 2017-12-31 13:53 | monologue

大樹町撮影2日目

とある案件で昨日から大樹町に来ています。初日は徹夜編集からの現場入りだったので、カメラを回すことで精一杯(意外と元気だった)。
夕方に宿舎に入り、9時間ほど泥のように眠りました。

大樹町は都合、今年3度目ですが、今回は夏とは違う案件。詳細は書けませんが、夏のも今のも重大ミッションです。そして、この町に滞在するときは必ず泊まりたいのがメムメドウズ。
実験住宅というコンセプトハウスが牧場内に点在し、隈研吾氏がリノベーションした厩舎に宿泊できます。

f0048583_06272951.jpg
 
f0048583_06421126.jpg


最高の環境ですっきり目覚めて、バスタブに湯を張り、ふと思い立ってBGMはABBAのDancing Queenから始めてみる2日目(たぶん屋外はマイナス5度以下)。
はじめて下北沢を散歩した日、何かのショップでこの曲が流れてきて、たまたますぐ側に当時好きだった女性シンガーがいて、ちょっとした感動を覚えたのはもう20年前の夏です。当時の生業は所謂VJでした。

多摩川べりで過ごした20代はあっという間で、30代の10年を東京と札幌を出稼ぎのように楽しく往復し続けているうちに、世間にはいつしか二拠点生活などという呼称が生まれて、自分もそういうスタイルとして理解されるようになりました(数年前までは、東京に住んでいないだけで不利はあったんです)。
巷に溢れるマイナー映像作家のひとりに過ぎないですが、見方を変えれば意外とよく生きたのかもしれない。なんとなくぶら下げ続けているこのブログも、そろそろ20年目が見えてきました。まだまだ、これからやりたいこともたくさんあり、進行形でいくつかの準備もしています。
この10年はSNSの時代と重なりブログは放置していましたが、徐々に原点(=馴染みあるネットとの関わり方)に回帰してみたくなった。
過去作品について書いたり、現状を書いてみたり、文体も曖昧なままですが、ブログを再開してみようと思います。

それにしても大樹町に来てから昨今ありえないほど体調が良い。
心を良い状態に保てるように環境をセットアップするのも、重要なことなんだと改めて思います。

では、また。


by akiyoshi0511 | 2017-12-12 06:53 | dialogue

f0048583_02153173.jpg

「トゥイェ・ピラ」(豊平川上流・藻南公園付近・"annoski"の起点)

雲間から時おり光が射す午後、市の中心部を流れるT川の上流を、M公園のあたりから下流に向かい歩いていた。
やがて下流へと続く視野の片隅に水煙が現れ、その場所を目指して下ってゆくと、忽然と、圧倒されるほどの大瀑布が現れる。

この一帯は札幌南部の市街地に位置するが、昔から「石山」と呼ばれ石の産地でもあり、都市河川としては想像し難い岩礁の地形に、滝や大淵が見られる。滝の落差は5メートルほど。流量は膨大で、淵の底は見えない。恐らく場所によっては水深5メートル以上はあるだろう。かつては「おいらん淵」とも呼ばれ、世を儚んだ花魁が身投げした場所でもあったのだと過去に何かの本で読んだことがある。確かに、飛び込めば(あるいは足を滑らせて落ちれば)ひとたまりもないような淵ではある。

この日はどちらかというと、20年ほど昔の記憶を頼りに、ほんの気晴らしのつもりでその場所を訪れたのだ。淵も滝も昔見たそのままだった。(ふと「20年」と書いてみて、そんな時間の段差が自分にも生じたのだと思うと、少し不思議な気がする)。
都心にこのような景観が見られる都市が、果たして国内において他にあるだろうかなどと考えつつ歩いていると、不意に、その瀑布の遥か向こうに一棟の大きなマンションが目に入り、流れや岩肌との強いコントラストに目を奪われた。
眼前には、まるで箱庭にアメリカ西部の光景を再現したかのような荒削りな景観が広がっている。春の午後の残照が、その岩盤を柔らかく、立体的に照らし出していた。西部開拓と北海道開拓をなぞらえて見ればそれもアイロニカルなものだが、その向こうに、まるで楼閣のように一棟の団地が佇んでいる。さらに下流側を見渡せば国道沿いに生協の看板や、密集した街区が見渡せた。想像を絶するというものではない、けれど奇妙な光景だった。

改めてカメラを携え構図を考えてゆく。丁度滝の下流側からそのマンションを見やると、まるで滝上にマンションが浮いているかのように見えるポジションを見つけた。これは確かに、想像力の範疇を越えた景観に思えた。

想定している意味から、何かが「はみ出て」いるのだ。
それで、この場所でひとつの仕事が成立すると確信を持つ。

季節、光、天候、あるいはそれ以外の偶発的な何か。諸条件を鑑みれば、すぐにこの撮影を完了することはできそうにない。また、然るべき時節を待てば良いというものでもなく、折りをみて何度か来ることになるだろう。撮るなら早朝が良いかもしれない。

by akiyoshi0511 | 2017-12-09 02:20 | old text