人気ブログランキング | 話題のタグを見る

真冬になってからもほとんど毎日フィールドに出ていた。ハイテクすぎてもはや自分の手足とは思えない小型カメラジンバルを手に雪深い谷に降りたり、自分にとっては重量級の4Kカメラを防水のリュックに詰めて、薄らと雪の積もった湿原を歩いたり。果ては都心の下水処理場の(昨今では水リサイクルプラザなどと呼ぶらしい)温排水が臭う水域で80センチあまりの「幻の魚」に出会ったり…。
仕事の合間のごく短い時間で、数日に一度は必ず水辺に立っていた。おかげでマイナス5度まではまったく気にならない、マイナス10度でも長時間行動可能な体の耐性だけはできた。

これは一応ロケハンないしはテストシュートなのか、思考を深めるためなのか、それとも逆に思考放棄なのか。全てが曖昧なのだけれども、この厳冬期に景勝地とも言えないような場所を、スノーシューまで購入してまで歩き続けているところが我ながらおかしいし、今まで多忙・過労・体調不良を合言葉に、所謂「まじめな話」しかしたがらなかった自分の心身の変化として、妙な可能性さえ感じる。ネットサーフィンの(死語だが)時間を水辺の散策に宛てただけの話なので、業務の効率は向上しているのは間違いない。何かに対して不真面目になったわけではなくて、真摯に谷に堕ちていると言い切れる。ある種の底に堕ちたものには希望しか見えない、ということだろうか。

上徳如谷という言葉をある人から聞いた。鹿が外敵から身を護りながら傷を癒すために谷間に隠れるという逸話が起源らしい。あるいは、(谷底から生態系を見つめ)新たな着想を得るために思考する、なんていう意味もあるそうだ。実際のところは、夏までの過労から胃痛が悪化して、休みをもらって川歩きを再開したことがそもそもの発端なので、圧倒的に前者の気分から始まったのだけど、それは結果的に何かを強く見定めることにつながったようだ。
活動そのものは仕事面・作家面共にとても充実していたが、同時に何も圧倒できなかった2014年後半から2015年前半の動きが、もっと根源的なアクションを起こせ、という命題を導き出したのかもしれない。

これは何かとの決別であり、同時に別の何かとの和解のようなもの。決別といっても拒否ではないし、和解と言っても手放しで「ただいま」という感じでもなく。とにかく何かが分かるまで掘れという命題にたどり着いただけ。思えば8年前、東京から北海道に舞い戻った年、僕は撮影もせずに湿原を歩き続けていた。同じ行動様式に戻って、同じ次元ではいられないということが、既に次の挑戦を暗示しているように思う。

現実的なところでは、曖昧な時間は既に終わり、今は複数の取り組みの段取りで道東に意識を向けている。来週も再来週も、海さえも白く氷結した場所や、近隣の山野で撮影を続けることになる。このために耐寒トレーニングもどきの時間を重ねたのか、寒さを意識しなくとも動けるようになったことでこれらのミッションが生まれたのかという、卵と鶏のような話。








# by akiyoshi0511 | 2016-01-29 18:29 | monologue

「ロケハンとしての遡行」を再開した。気温6度。一気に寒くなって雨の中の渓谷歩きは辛くなり、さらに本流の崖で二度目の滑落をし(大したものじゃないが)、急に現実に引き戻された気がした。これまでにも覚えがあるイニシエーション。
すっかり雨に打たれ、良い写真(映像)も撮れなかったので、気を取り直そうといつもの溜まりで尺足らずの虹鱒を三尾。風が強くてフライがポイントに届かないので、僅かに風が止んだ隙をついて投げる。30分で寒さに敗けて終了。
峠では雪が降り出してしまったが、まだ道内の実景撮影の仕事がいくつかあって、週の後半から来週が勝負になるだろう。

一年後に予定している引っ越し及び展示活動と、余暇の釣りがきっかけで、数年ぶりにこの水系に着目するようになった。まだ見ていない流域が多く、ダムの連なる本流はアメリカのトラウト・リバーの縮図のようでもある。パタゴニアがプロデュースしたダム破壊の映画をまだ観ていないが、きっと自分にとっては視覚的な快楽に満ちた作品なのだろう。
この下流にO淵という地元の景勝地(古い時代の自殺の名所でもある)があって、春にその夜景を撮ったのはもう何年前だろうか。そこからアイヌ語地名に関するシリーズが生まれた。冷たい早春の風に吹かれ止まらない涙を、絶えず擦りながら撮影していたことを思い出す。

帰宅後、ふと某大学のM氏のブログを思い出して閲覧。一切の言葉が消え、美しい写真だけが羅列されていた。哲学者がオンラインの言葉を棄てたか、棄てはしなくとも用いないということ。個人的な感情の遷移なのか、そういう時代になったということか。
# by akiyoshi0511 | 2015-10-14 12:24 | monologue

「197X」

近代美術館で展示しているシリーズ(「197X」)はデジタルで撮影している。デジタルイメージによる現実の模倣(あるいは擬態)、時間の可逆性に関しての省察…といったワードがそれを方向づけた。
美術館という場でアルミの裏打ちを施されてソリッドに光を放つ物体たちは、自分にとっては短期間で最大の結果を出した、想定以上の成果物と言えるかもしれない。

脆いインクジェットプリントに、アルミニウムによって物質的強度がもたらされる。作品を搬入していて、軽く、硬い写真の存在自体が自分にとっては新しい感触だった。粘土質のノスタルジーを転倒させ、透き通った氷のような硬度をもたらすプロセス。
言い換えればそれは、建築物に認められる多くの古傷や何かの痕跡は、ノスタルジーを引き出すために写し取られたものではないということの証左でもある。

フィルム撮影・銀塩プリント・木製のフレームなどは、この作品にとってはまったく不要なものだった。ただ合理的に、できるだけ素早く、できる限り硬質で怜悧な作品として、打ち立てる必要があったのだ。やはり、それはある種の擬態なのだと思う。「完全コピー」を趣味的に目指すのではなく、敢えて似て非なるものを迅速に生み出すこと…。

「197X」という擬態は、オリジナルに対してのリスペクトや反復ではなく、ある種の防御・攻撃を目的とする。

# by akiyoshi0511 | 2015-03-12 06:36 | monologue

YANASE GLOBAL MOTORS及びGeneral Motors Japan Limitedとのコラボレーション企画で、本日から札幌のGMショールームにて写真展を行っています。

「Okhotsk」シリーズから写真10点に加え、本プロジェクトのために新たに撮り下ろしたExtra edition2点、そしてキャデラックCTSのスペシャルムービーをショールームにて展示中です。このムービーは、札幌だけでなく全国各地の関連ショールームでも上映されているそうです。

作品のご観覧目的での入店も可能ですので、気軽にお越しください。会場マップはこちら。
http://www.yanase.co.jp/gm/store/sapporo/#AccessSection

Akiyoshi Kitagawa x General Motors Japan Limited  \"CTS & Captiva in Okhotsk\"_f0048583_1383116.jpg

# by akiyoshi0511 | 2015-03-03 01:39 | dialogue

道立近代美術館で開催される「もうひとつの眺め(サイト) 北海道発:8人の写真と映像」展のオープンが、いよいよ一週間後となりました。

http://imaonline.jp/library/exhibitions/mouhitotsu_no_saito/

これは私にとって初の公立美術館での展示であると同時に、現代美術における「写真と映像」にフォーカスしたという意味では道内初の本格的な展示となります。今回は美術館側からのセレクションにより、「197X」という2010年に撮影したシリーズから大型プリント20点(新規撮影も一点含む)、そして本展のために新たに制作した映像作品を展示します。
「197X」は展示自体が初めてですので、機会をいただけたことに感謝しています。また、展示構成は昨年の個展から試みている、写真とビデオプロジェクションを並置することで作品のコンテクストを示す形式で、今回は映像にも力を入れています。

個人的には昨年8月から7件続いた企画展・滞在制作の総仕上げ。これでやっと2014年を終えたという実感があります。
2月7日(土)の15時から、30分間のアーティストトークが行われます。いつもそうなのですが本作は特に、作品に付随する自分の言論や会場で提示される文章も、全てが作品の一部だと思っています。
札幌の街が混み合う雪まつり時期ですが、ぜひお越しいただければ幸いです。

北川陽稔
http://www.akiyoshikitagawa.com/

「もうひとつの眺め(サイト)」_f0048583_714453.jpg

# by akiyoshi0511 | 2015-01-26 07:04 | dialogue